きく・ラボ!

温泉(秘湯について)

温泉あれこれ(その5)…福島は秘湯の数日本一!? 近代化の波に取り残された「秘湯」 全国でも有数の温泉大国である福島県。県内各地にたくさんの温泉があり、それぞれに歴史や泉質、周辺観光、温泉グルメなど多彩な魅力を放っていま […]


温泉(共同浴場について)

温泉あれこれ(その4)…共同浴場を楽しもう 地元の人が管理する共同浴場 昔ながらの温泉地には、「共同浴場」が多く見られます。共同浴場とは、温泉を利用して地元の人々が管理する公衆浴場のこと。「共同湯」と呼ばれることもあり、 […]


湯治について

温泉あれこれ(その3)…湯治について 「長期滞在」して温泉療養 「湯治」とは温泉地に長期滞在し、温泉が持つ効能を利用して症状改善や療養をおこなうこと。現在でも「湯治場」や「湯治の宿」をうたっている温泉地・旅館は全国各地に […]


泉質と効能

温泉あれこれ(その2)…泉質と効能 泉質は10種類。それぞれ固有の適応症も。 「泉質」とは、その温泉にどんな成分がどのくらい含まれているかを分類したもの。温泉の中には、特に治療や療養に役立つ泉質を持った「療養泉」と定義さ […]


温泉(温泉とは)

温泉あれこれ(その1)…温泉とは 「温泉」は法律で定義されている! 福島県は日本有数の温泉大国。環境省の「平成30年度温泉利用状況(平成31年3月末現在)」によると、県内798カ所に源泉があり、湧出量(自噴+動力)は毎分 […]


東風(こち)

風の名前(その12)…東風(こち) 「東風」を「こち」と読む場合は、「東の方向から吹く風」という意味ではなく春の風のことを指します。陰陽五行説によれば、春は東の方角から来ると考えられているからです。「東風」という言葉から […]


春一番

風の名前(その11)…「春一番」 立春を過ぎて初めて吹く南よりの強い風を春一番と呼びます。気象用語としての「春一番」は、「立春(2月4日頃)から春分(3月21日頃)までの間に、日本海で低気圧が発達して、広い範囲で初めて吹 […]


西風

風の名前(その10)…西風 西から吹く風が、冬の猪苗代湖では、自然の芸術品「しぶき氷」を作り出します。「しぶき氷」は、湖の岸辺にある木や岩などにかかった波しぶきが凍ったものです。厳冬期でも湖面が凍らず、絶えず波しぶきが上 […]


鎌鼬(かまいたち)

風の名前(その9)…鎌鼬(かまいたち) 鎌鼬(かまいたち)は風そのものではなく、「風の妖怪」の名前です。「外気によって、皮膚が鋭い刃物で切られたように傷つく現象」のことで、昔は、イタチまたは、イタチに似た謎の怪異、あるい […]


颪(おろし)

風の名前(その8)…颪 颪(おろし)は、冬の時季に山や丘から吹き下ろしてくる冷たい風の呼称です。蔵王颪(蔵王連峰)、筑波颪(筑波山)、六甲颪(六甲山)など、「〜颪」は、吹き下ろしてくる山の名が付けられたものが多くあります […]